会費婚

会費婚は高い?従来の結婚式スタイルと会費婚の相場を比較しました

更新日:

会費婚が気になっているけど、

普通の結婚式と比べて本当に安いの?

どうして会費婚の方が安いって言われているの?

 

こういった疑問についてお答えしていきます。

この記事の内容

・従来の結婚式との相場

・結婚式の価格設定の仕組み

・会費婚の価格

 

\5万円~結婚式ができる/

 

従来の結婚式の相場は350万円以上!

従来のホテルやウェディング会場などと契約して行われる結婚式の相場は354.9万円もかかり、自己負担は149.5万円と約150万円もの費用が掛かっています。(出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ より)

 

<挙式・披露宴・疲労パーティーの費用>

・総額354.9万円

・自己負担149.5万円

・お祝儀224.3万円

 

なぜ従来のような結婚式の挙げ方だとこんなにも高く費用が掛かってしまうのでしょうか?

 

従来の結婚式が高くなる理由に以下のようなものがあります。

式場とショップが提携している分の紹介料が追加されている。

持ち込み料がかかる

衣装代や料理などが費用を左右する

広告費の上乗せ

 

\5万円~結婚式ができる/

 

式場とショップが提携している分の紹介料が追加されている

式場は提携ショップからの紹介料で利益を得ています。

 

つまり、ドレスや装花などの売り上げに式場利益分の紹介料がプラスされる為それぞれのアイテムが高額になります。

 

ドレスショップや司会者、メイクなどの提携しているショップ側としても、式場と提携した方が確実に顧客を得ることが出来るので双方にメリットがあります。

 

この仕組みによって結婚式は高くなっているんです。

 

\5万円~結婚式ができる/

 

持ち込み料がかかる

上記のように、提携ショップとの紹介料によって利益を得ている結婚式の仕組みをお話ししましたが、自分で持ち込むにしても持ち込み料がかかります。

 

自分で用意したものを持ち込むのだから費用なんていらないんじゃない?

と思う方が多いと思います。

 

ですが、式場側としては持ち込まれた品物を大切に管理する役割があり、「管理費」として持ち込み料が必要になるんです。

 

提携ショップでアイテムを選ぶのと、持ち込んでくるのとでは金額に大差がない場合があるので、持ち込みする方が用意する手間や時間がかかり大変になる可能性があります。

 

一般的には、招待状・座席のネームプレート・ドレス・ブーケ・引き出物、ヘアメイクなどに持ち込み料がかかります。

 

衣装代や料理などが費用を左右する

結婚式には欠かせない衣装代や料理なども費用を大きく左右します。

 

主に注意したいのが以下の4つ。

 

①衣装代

②料理や飲み物代

③装花代

④写真やムービーなどの映像代

 

衣装

衣装代は平均で新婦の総額48.8万円、新郎は総額17.1万円もかかります。

 

それに新婦の場合ブーケ(平均総額4.6万円)やブライダルエステ(平均総額8.9万円)がかかるので、合計すると79.4万円もかかります。

 

これは、衣装の生地短歌や装飾や技術料などの費用が含まれるためです。

 

<衣装代の平均総額:79.4万円>

新婦:48.8万円

(ウェディングドレス、カラードレス・白無垢・色打ち掛けを着た場合)

新郎:17.1万円

(タキシード、フロックコート、紋服を着た場合)

ブーケ:4.6万円

エステ:8.9万円

(出典:ゼクシィトレンド調査2018・ゼクシィ新生活準備調査2016より)

 

料理・飲み物

料理や飲み物代は約65名程度を招待した場合平均総額122.2万円です。

 

1人当たりの内訳は料理が1.5万円、飲み物が3900円。

 

<料理や飲み物代の総額:122.2万円>

・料理:1人当たり1.5万円

・飲み物:1人当たり3900円

(出典:ゼクシィトレンド調査2018・ゼクシィ新生活準備調査2016より)

 

装花

装花の相場は17.2万円です。

お花屋さんで普段買うのと大きく違うのは、花の数が多いことや季節、花材によって値段が上がるから。

 

<会場装花>

平均総額17.2万円

(出典:ゼクシィトレンド調査2018・ゼクシィ新生活準備調査2016より)

 

映像

写真やムービーなどの映像代の総額平均は51.6万円。

 

これは結婚式当日のスナップ撮影やビデオ撮影、映像演出のみの平均ですが、これにスタジオ撮影やロケーション撮影を交えるともっと高額になります。

 

<映像関係の総額:51.6万円>

・スナップ撮影:22.4万円

・ビデオ撮影:19.7万円

・映像演出:9.5万円

(出典:ゼクシィトレンド調査2018・ゼクシィ新生活準備調査2016より)

 

\5万円~結婚式ができる/

 

広告費の上乗せ

式場は雑誌などに広告を掲載することで営業し知名度を上げており、この広告費も他の業界よりも高めとなっているようです。

 

そのため広告費は結婚式の料金に上乗せして式場の利益としています。

 

その分結婚資金費用は高くなってしまいます。

 

会費婚はすべて含まれている

これまでお話しした従来の結婚式と比べると、会費婚は自己負担5万円~とかなり安く設定されていますよね。

 

これは、会費婚の仕組みによるものです。

 

独自で式場を持っていない

プランをパッケージ化している

 

会費婚は式場を持っていません。その分維持費や光熱費などの出費が必要なく結婚式の費用が抑えられています。

 

また、提携式場の予約が入っていない空き枠を活用していることも格安になる理由の一つ。放置すれば無駄になる枠を埋めれば式場側にとってもメリットですし、格安で枠を仕入れることが出来ます。

 

上記のような点で費用を押されられる分、料理や飲み物、装花やカメラマンといった必要なものをプランにパッケージ化することができ、新郎新婦にとって安く式ができるということに繋がっています。

 

新郎新婦、提携先の式場、会費婚とどの立場にとってもメリットがある仕組みとなっているわけです。

 

\5万円~結婚式ができる/

 

まとめ

お伝えしたように、従来のようにホテルなどと直接契約して結婚式を挙げるとなるとかなりの額がかかります。

 

また、ほとんどのケースが前払い制度なので、結婚式までにある程度貯蓄してないと結婚式は挙げられません。

 

金銭的な問題で結婚式を諦めてきたカップルも多いと思います。

 

会費婚では従来の結婚式よりも半額以下に抑えられるほか、支払いも後払いなので会費が手元にきた時点で支払いが出来るため経済的に結婚式を諦めていたカップルも挙式ができる可能性が格段にアップします。

 

\5万円~結婚式ができる/

 

-会費婚

Copyright© アールキューブ【会費婚】の口コミ・評判は?メリットデメリットも調査! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.